1月30日(木)

 

 

 

公益財団法人都城市文化振興財団の徳永様から

「音楽を施設の利用者様に楽しんでいただきたい」というお話をいただき

世界的に活動されている音楽家、野村誠氏と

ジャワ舞踊家の佐久間新氏によるコラボレーションセッション‼

【音楽とダンスのワークショップ】がみどり園にて開かれました‼

 

 

 

食堂ホールには

ピアノ・楽器・音が出るおもちゃなどが準備してあり

 

 

 

 

興味津々な利用者さん‼

 

 

 

 

野村さんの奏でる、ピアノの優しい音色で

ワークショップが始まりました‼…

 

 

 

 

お部屋で過ごされていた利用者さんたちも

ピアノの音に引き寄せられるように

自然とホールに集まって来られ

思い思いに楽器や音の出るおもちゃを手に取りはじめました‼

 

 

 

 

流れるような優しいピアノの音色…♫

 

 

 

 

かと思えば…踊りだしたくなるようなテンポの曲が流れてきたり…♪

 

 

 

 

“決められた楽譜をなぞるのではなく

その時に感じた音を奏でることで緩やかに重なり音楽となる。

そして、音と音の隙間に生まれるコミュニケーションは

心を豊かにはぐくみます„

 

 

 

と、野村さんが言われるように

 

 

 

 

 

 

野村さんの弾くピアノと、利用者さんの奏でる音が

何とも心地いい音楽となり…

 

 

 

 

 

 

 

その音楽につつまれながら、思いのままに身体を動かす利用者さん♬

 

 

 

 

 

 

 

“既存の振り付けを練習するのではなく

イメージなどから思いのままに身体を動かすと

それはダンスの始まりです”

 

 

 

 

と佐久間さん。

 

 

 

 

利用者さん一人ひとりの動きや表情に合わせて

身体を使って表現する佐久間さんに

その場にいる皆が、自然と笑顔になり

踊りだす利用者さんもいました…♬

 

 

 

 

 

 

「ここに座って下さい」「~をして下さい」など

何かを強制することも、指示することもなく

利用者の方の一人ひとりの個性を尊重し

自由に、思うがままに過ごした1時間30分。

 

 

 

 

 

 

利用者さんの、自然で、穏やかな、素直な表情。

そして、この場にいる人しか味わうことのできない

何とも表現しようのない温かい空気感。

 

 

 

 

 

言葉がなくても、障害のある人もない人も

共に楽しめるような、この温かい雰囲気に

心癒され、自然と涙が溢れてきました。

 

 

 

 

 

野村さん、佐久間さん、徳永さん

素敵な時間をありがとうございました…‼♡